2021(令和3)年11月30日、皆様のお力をお借りしながらコミュニティFMラジオ局運営会社「とまこまいコミュニティ放送㈱」を設立しました!

東日本大震災から12年

2011.3.11、東日本大震災から、12年

被災で亡くなられた方々へ、お悔やみ申し上げます。

なぜ、覚悟を決めて脱サラしてまで、地域コミュニティラジオ局など、

あまり儲からない事業を、やろうと思ったのですか?

と、聞かれる事も、多い最近ですが、

明日、起こるかも知れない災害

その中で、ラジオの情報が市民の命を救うツールの1つになる事は、数多くの現場で実証されてきた事です。

~・~・~・~・~・~

東日本大震災 なぜ逃げなかったのか

生存者が推測する津波から逃げきれなかった理由。

複数回答。

最も多かったのは「避難経路に渋滞やがけ崩れなど障害があった」という回答で、亡くなった方全体の18%にのぼりました。 自由記述していただいた中にも「渋滞で身動きが取れず車ごと流された」という回答がいくつか見られました。

~・~・~・~・~・~

こういった事態は、日々の防災情報の発信で、

減災につながるのでは、ないだろうか?

「緊急時は車の利用は避けましょう」

「避難経路を常日頃、いくつか想定しておきましょう」

こういった発信を、しっかりとした地元コミュニティラジオ局を持って、伝えたい、届けなければいけない。

ここが、覚悟を決めた原点ですかね。

もちろん、防災・減災だけでは無く、

街の情報発信源として、街を明るく楽しく、街の温度1度、みなさんの口角を1度上げられる、楽しいラジオ局を目指します。

引き続き応援よろしくお願い致します。